犬のための手作りごはん

犬のために手作りごはんを作る人が増えています。

理由は「ドッグフードを食べない」ということが多いようですが、毎日のことなので飼い主さんはちょっと負担に感じていることも・・・。

 

 

 

 

犬のために手作りごはんを作る理由

獣医さんによるとやはり総合栄養食のドッグフードを与えるのが犬の健康にとっては一番いいといいますが、昔から人間のおこぼれをもらってきた犬にはいろんなものを食べさせた方がいいという考え方もあるのです。また、ドッグフードの品質にも疑問を持つ飼い主さんは少なくありません。

 

そこで自分たち人間の食べているものを与えるのなら、防腐剤などの添加物も入っていないので「安心」だという選択をする飼い主さんが増えているのでしょう。

 

では、犬にとってはどうでしょうか。

何匹も犬を飼ってきて感じるのですが、犬は確実に人間の食べるものの方が好きです。ドッグフードをよく食べる子でも、ゆでたお肉や魚の方が喜ぶことが多いです。もちろん塩や砂糖で味付けすることは犬にとってよくありませんので、ゆでただけ、焼いただけといった調理方法になりますが、それでもドッグフードの何倍も食いつきがいいようです。

 

また犬の知育のためにも手作りごはんはいいのかも知れません。人間だって小さいときからいろいろな食べ物を食べて育った子は味覚だけでなく知覚が発達するといわれています。犬の認知症も増えているといいますから、認知症予防の観点から手作りごはんには意味があるのではないでしょうか。

 

犬がドッグフードよりも手作りごはんが好きになるのを知っている飼い主さんの中には、「ドッグフード以外の食べ物の味を覚えさせない」とする方もいるくらいに、犬はドッグフード以外の食べ物が好きなのです。ドッグフードがいいのか、手作りごはんがいいかは飼い主さんの判断になります。

ここで大事なのはどんなドッグフードを選ぶかということです。ドッグフードの中には小麦粉の割合が多すぎるものや、酸化防止のためにオイルコーティングしたものもあります。その点は気をつけて選ぶ必要が出てくるでしょう。

 

飼い主さんが犬にしてあげられることは、企業の利益のためでなく、ほんとうに「犬の健康を考えた」ドッグフードを選ぶことです。はっきりといえるのは、安価なドッグフードには注意がいるということです。ドッグフードでは「安かろう、悪かろう」ということがあてはまります。

 

 

 

 

犬のための手作りごはん、生肉がいいとされる理由

アメリカのドッグトレーナーの中には、犬には「生の肉」が必要だとする考え方を持つ人が多いようです。生肉を与えた方が明らかに毛艶がよくなり、健康な筋肉をつけるからといいます。もともと野生の犬は過熱したものを食べなかったでしょうから、生物学的にも理解ができます。

 

良質な生肉の持つアミノ酸は直ちに消化吸収され、健康な体を作ります。ビタミンの含有量も生肉が一番高いといわれているのです。人間でも極寒の地などで暮らすイヌイットたちは、生肉を食さなくてはビタミン不足で体をこわしてしまうというのですから、いかに生肉の栄養価が高いかがわかります。

 

ただし衛生的な問題が大きいですね。生肉には食中毒菌が付着している可能性が高いです。身体にいいからと言って食中毒にさせてしまっては本末転倒となってしまいます。犬に生肉を食べさせる場合は、人間用のものを基準に考えるといいように思います。

 

●お刺身として信用できるスーパーで売っている

●ローストビーフにするなど表面に熱を加えている

●生肉を干したもの

 

これらは人間でも衛生上安心して食べられますので、犬にも大丈夫です。また生肉をフリーズドドライして作られたドッグフードもおすすめです。

 

理想的な犬の手作りおやつ

 

ここで、犬のためにとてもいいおやつを作ってみました。アミノ酸を損なわないように35度の温風で乾燥させた生肉です。もちろん塩などは一切使用していません。素材は人間用の食肉を使っています。

通常は鶏のムネ肉を作り置きしていますが、新鮮な鹿肉やイワシなどもたまには手に入ります。

 

詳しくはドッグショップベロニカで

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.