ドッグフードの選び方 安全なドッグフードで健康な犬に

ドッグフードの選び方は飼い主さんにとって永遠のテーマともいえる問題です。なぜなら、ほんとうに選んだドッグフードでよかったのかどうかは何年もたたないとわからないからです。犬が年老いて、一生を全うし老衰で穏やかに旅立つ時に初めて、ドッグフードは間違ってなかったのだと思うものです。

 

なぜそのように感じるかというと、それは何匹もの犬を見送ってきたからです。中にはガンで亡くなった子もいました。犬の死因としてガンが原因であることは珍しくありませんが、やはり「フードが悪かったの?」と思ってしまったものです。

 

 

ドッグフードの選び方、有名なものがいいともいえない

ドッグフードを選ぶ時、最初はブリーダーさんや獣医さん、または犬を購入したペットショップですすめられたものを、犬に与える人は多いでしょう。ですが犬にも個性や体質というものがあります。すすめられたドッグフードがその子にとっていいものなのかどうかは、飼い主さんが見極めてあげなくてはなりません。

 

わたしの友人の犬はずっとブリーダーさんにすすめられたドッグフードを与えていましたが、いつも下痢気味であったといいます。犬を飼うのが初めてだった友人は「おなかの弱い子なんだ」くらいにしか思っていませんでしたが、じつは鶏肉アレルギーだということがわかったのです。そしてドッグフードを選びなおして、ようやく下痢の症状は出なくなったのでした。

 

ドッグフードは人間のベビーフードや粉ミルクよりも、はるかに営利目的の強い商品です。そのためメーカーの営業マンは動物病院にドッグフードを置かせてもらったり、ブリーダーさんに無料で提供したりと自社の商品の普及に奮闘しています。もちろんネット上でもドッグフードの営業はさかんに行われています。

 

ドッグフードを選ぶときには、決して「よく見る商品だから」「CMでやってるから」「動物病院にあるから」といった理由で商品を手に取らないでほしいのです。人間が口にするものですら、食肉偽装や過剰な食品添加物は問題となっています。ドッグフードではさらに危険な商品があってもおかしくないと考えるのがいいでしょう。

 

ビオワンファイン

 

ドッグフードの選び方 危険な添加物は避けてあげて

 

BHA・BHT

発ガン性が指摘される酸化防止剤BHAは、ドッグフードを長期保存するのに便利な添加物として使用されています。もともとはガソリンの酸化防止剤として使用されていたものです。輸入品の魚介冷凍食品やバター、マーガリンにも使われていることがあります。強い酸化防止力がありますがラットを使った実験では膀胱ガンや甲状腺ガンを引き起こしたといいます。

 

エトキシキン

エトキシキンも抗酸化剤です。日本では使用を認められていませんが海外では飼料やペットフード、リンゴ、梨に用いられることが多いといいます。人間の一日許容摂取量は0.06mgと非常に微量で、毒性の強さが指摘されているのです。

 

着色料

「赤色〇号」「青色〇号」という表示は着色料を表しています。なぜ着色料を入れるのかというと、それは人間が見て鮮やかでおいしそうに見えるからです。しかし犬にとっては全く必要のないものであり、有害な添加物になります。着色料の原料はタール(石油)ですのでアレルギーを引き起こしたり、発ガンのリスクを高めるといわれているのです。

 

ドッグフードの添加物についてはペットフード協会などが、摂取の基準値を定めていますが、そもそも毒性が高いとわかっているものを添加しているということ自体に疑問を持ってしまいます。ドッグフードのかさ増し、食いつきをよくするための余分な油分を加えなければ添加物は必要ないのではないかと思うのです。

 

 

ドッグフードの選び方 原材料はタンパク質がメインであること

 

タンパク質とは肉類です。成分と原材料を見てみると一番最初に表記されているものが最も多く含まれる原料です。ドッグフードによっては原材料費をおさえるために肉類の少ないものもあります。タンパク質不足は犬にとっては致命的な栄養不足を引き起こします。目のまわりのヤニ焼けや毛艶の悪さ、皮膚病の原因ともなりますので、タンパク質がメインのドッグフードがおすすめです。

 

肉類にもいろいろありますが、アレルギーを予防するためには単一のタンパク質ばかりを与えるのはやめたほうがいいです。鶏、牛、豚、七面鳥、馬、鹿、サーモンなどのおやつを選ぶなどして、複数のタンパク質を与えるようにしましょう。

 

 

ドッグフードの選び方 うちではこれを選んだ!

 

ドッグフード選びはどちらかといえば正解が難しいので、まずは「消去法」で選ぶことにしました。そして自分でも食べてみました。メーカーによってかなり味がちがいます。油臭いと感じるものや、後味の悪いものはもちろん除外です。

 

  • 危険な添加物の入っていないもの
  • タンパク質が豊富な物
  • あまり安価でない物

 

そこでいくつか気になる商品を見つけることができました。

 

  • グレインフリーである(小麦粉でできていない)…….パーパスロングライフウィッシュ
  • 加熱処理をしていないのでアミノ酸が豊富(フリーズドドライ)…….K9
  • シリーズで鹿・ターキー・サーモンがそろっている…….パーパスロングライフウィッシュ
  • 乳酸菌が入っている…….パーパスホリスティックレセピEC-12

 

価格的には安くはありません(安心?)でしたので、わたしはネットショップを作り仕入れることにしたのです。仕入れとなれば安くで手に入る上にお散歩で知り合いになった犬友にも安くで紹介することができます。わたしが選んだドッグフードを食べてくれた犬友たちは、もう何年も続けて注文をくれています。

「うんちの状態がとてもよくなった」

「毛艶がよくなった」

「目ヤニ焼けが治った」

中にはターキーのアレルギーが出たので、ターキーをやめるという人もいましたが、他の子たちはとても元気です。そしてうちの子はとても筋肉質に仕上がっています(笑)(筋肉質がいいのかどうかは別にして・・・)そして6年間、下痢もしたことがありません。

 

 

今はドッグフードだけでなく、キャベツやお肉やきくいもを一緒に煮込んだ手作り食も食べさせています。やはり手作り食の方が喜び方がちがいます。ドッグフードを出すとちょっとがっかりした顔をするのがおもしろいです。結論として基本的に犬も人間と同じでいろいろなものをバランスよく食べることが大事なように思います。

 

ネットショップの方は残念ながら送料と手数料がかかるので、多くの人にお安く紹介できませんでした。それは見込み違いでした。取りに来て下さるならお分けできるのに・・・。なんて思っています。

 

ドッグフードの選び方 まとめ

 

ドッグフードの選び方として、まず添加物の確認、原材料の内容が大事です。そして正解がないということも念押しいたします。犬それぞれ体質がちがいますので自分の子にあったドッグフードを選ばなくてはなりません。

 

うんちの様子、皮膚の様子などをよく観察し、アレルギーにはじゅうぶん注意してください。アレルギーは突然、発症しますのでいくつになっても油断ができません。最近は犬のアレルギーがとても増えているといいます。皮膚をかゆがったり、手足をよくなめたりするようであれば、皮膚病専門の病院を早めに受診しましょう。

 

最後にドッグフードメーカーの姿勢のようなものも気にしています。真剣に犬のことを考えてドッグフードを作ってくれているのかそれとも利益のためだけに生産しているのか。無責任なメーカーの作ったドッグフードを食べさせるなら、「猫まんま」の方がましだって犬も思っているでしょう。

大事な家族の一員である犬にはいつまでも健康でいてほしいですね。

 

 

ビオワンファイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です