犬を飼うのに必要な費用

犬を飼うのに必要な費用

犬にも人間と同じで養育費が必要となります。犬を飼う前には想像していなかったくらいに出費が発生しますので、予算として見積もっておくといいでしょう。予算をたてておくことで、よぶんな服やおやつを節約できます。

<犬を飼うのに必要な1年間の費用>

  • 小型犬・・・・・年間20万円~50万円
  • 中型犬・・・・・年間30万円~60万円
  • 大型犬・・・・・年間40万円~70万円

ドッグフードや予防接種、フィラリア薬などの基本的な支出で小型犬なら年間20万円は必要となります。これは健康な場合で病気やケガをすれば、医療費がかかってきます。

またトリミングが必要かどうかでも年間の費用はかわります。トイ・プードルでは月に5千円程シャンプー・トリミングにかけている場合が一般的ですし、柴犬のような犬種なら必要ありませんね。

その他、服代やしつけ教室なども出費となります。

 

犬を飼うのに必要な費用の内訳

  • ドッグフード:3,000円~10,000円/月

ドッグフードはできれば節約したくないもの。安いには安い理由があって材料に信頼がおけません。また本来、犬に必要だというたんぱく質よりも炭水化物が多い場合があります。最初に不適切なドッグフードを与えてしまうと、アレルギーを引き起こしてしまい、一生、高額な医療費がかかるということもありますので注意してください。

 

また、まれにドッグフードを食べないという犬がいます。その場合は、手作りで肉や魚を調理してやらなければなりませんので、食費がかかります。

  • おやつ:500円~1,000円/月

おやつはおしっこがシートの上にうまくできた時などすぐに与えてあげたいですね。ごほうびとして、おやつがあれば犬といいコミュニケーションがとれます。おやつもドッグフードと同じで質の悪い物はやらないようにしてください。

国産の塩分の少ないものを選んであげましょう。

  • ペットシーツ:300円~1,000円/月

ペットシーツは価格が高くなるごとに吸水性にすぐれ、消臭効果が高いようです。お留守番の時は吸水性の高いものを使用し、飼い主がこまめにシーツを変えてあげられるときは安いものを利用するなど使い分けるのも方法です。

  • その他消耗品:3,000円~10,000円/月

・リード・カラー

・タオル

・ウェットティッシュ(足ふき用・耳掃除)

・うんち袋

・おもちゃ

・ブラシ

・消臭剤

・シャンプー

  • 予防接種(ワクチン・狂犬病):8,000円~12,000/年

 

  • フィラリア薬:3,000円~10,000円/年

 

  • トリミング代:4,000~10,000/回

 

  • 医療保険:12,000円~100,000円/年

犬の保険はアニコム、アイペットが有名ですが、最近ではアクサダイレクトやau損保などからもさまざまな商品がでています。ネットで比較も出来ますのでじっくりと選びましょう。

また犬の保険は年齢とともに掛け金が高くなっていきます。10才では年額8万円ほどになるものもあります。そのため保険に入らずに積み立てにしておく方がお得だという場合もあります。

  • 傷害保険:500円~1,000/年

医療保険は積み立てにしたとしても、傷害保険には入っておいた方がいいでしょう。例えばクルマの保険などに追加することができるものなど掛金が安いので、今、加入されている自動車保険を調べてみてください。また火災保険でもあるようです。

犬の傷害保険が必要だと思われるのは、犬が吠えたことによっておばあさんが驚いた拍子にこけて大腿骨を骨折したような事例で300万円の支払いが命じられるなど、飼い主の責任が重くなってきているからです。また攻撃性のない犬でもこわがって子供にかみつくといったことがじゅうぶんに考えられます。

  • 電気代:2,000円~10,000円

電気代がかかるとは買う前には想像できない方が多いと思いますが、夏場に部屋で留守番をさせる時などエアコンを使用する飼い主が増えています。また暑い国の犬であるチワワなどは電気毛布が必要な場合もあります。

犬を飼うのに必要な費用 医療費

日本中医師会の調査では小型犬の場合、入院費は1日3千円が平均ということですが、動物病院によって価格差がけっこうあるようです。犬を飼ったら最初に去勢手術、避妊手術をすることが多いですので、その手術代を目安にかかりつけ獣医をきめるのがいいでしょう。

去勢手術、避妊手術は2万円~5万円です。何人も獣医師を抱えているような動物病院は手術代が高めに設定されていることが多いかもしれません。

去勢手術、避妊手術については、繁殖を予定しないのであればできるだけ受けさせてください。手術をしていない犬のガンの発生率が想像以上に高いからです。それから去勢をしていないオスはメスのニオイを求めて脱走する危険性があります。交通事故などにあわせないためにも手術はしてあげたほうがいいでしょう。

 

犬は若いうちは誤飲、胃腸の不調が多く病院に連れていくことが頻繁にあるかも知れません。年を取れば内臓の病気や歯石を取るため麻酔をかけて手術することになります。犬の生涯でかかる医療費は少なくても100万円はみておかなくてはなりません。

わんちゃんを飼う前に 用意しておくもの

ペットケージ

犬が安心できる場所であり、お留守番中の誤飲防止、いたずら防止となります。

おしっこトレーニングとして重宝します。

ペットトイレを中にセットして、おしっこの場所を教えます。

ペットケージ
ペットケージ

 

 

ペットシーツ

 

大中小といろんな大きさがあります。

ペットシーツ
ペットシーツ

ペットシーツをトイレと認識するようになるので、犬といっしょの旅行や

カフェにいくときに、携帯すると便利です。

高分子吸収ポリマーをつかっているので、犬がやぶったら、すぐに

取り除くように注意しましょう。

 

ペットトイレ

おしっこが足につくのを嫌う犬も多いので、メッシュタイプになっている

ペットトイレは便利です。

ペットトイレ
ペットトイレ

 

消臭剤

そそうをしてしまった時の臭いが残らないように、おしっこをふき取った後、

使用します。

 

 

ウェットティッシュ

アルコールが入っていないので、めやになどを、ひんぱんにふいてあげても安心です。

犬がうちに来た時から、すぐに耳のそうじをしてあげたり、体をふいたりと

人にさわられるのに慣れさせましょう。

 

エサ入れ

陶器などの重いもの、清潔に洗えるものがいいでしょう。

プラスチック製など傷のつきやすいものは、雑菌が繁殖するので

避けた方がいいでしょう。

また、成長に応じて食べる量も変わりますので

あらかじめ適切な大きさのものを選びましょう。

 

 

ウォーターノズル

通常タイプ(エサ入れと同じもの)であれば子犬が足をぶつけて倒してしまう

こともありますが、こちらを利用すればその心配はありません。

 

ですが通常タイプのものでなければ上手に水を飲むことができない子も

いますので、もし不安であれば両方用意しても良いかもしれません。

 

ウォーターローバー

携帯用水飲み器です。

あれば便利なシーンが多々あります。

 

おもちゃ

子犬は何にでも興味をもって、遊びたがります。おもちゃで一緒に遊んでコミュニケーションを深めましょう。

犬のおもちゃ
犬のおもちゃ

犬をむかえる前に

犬をむかえる前にすること。それは覚悟です。

 

人間の子どもを育てるのと同じくらいに考えておいた方がいいでしょう。

うんちやおしっこのしつけに苦労するかもしれません。

吠え癖やかみ癖のために、心労がたえないかもしれません。

 

そのうえ、ケガや病気の心配で眠れない夜もあるでしょう。

 

それでも、大昔からひとに寄りそって生きてきた犬という動物は、わたしたちの暮らしに

癒しと安らぎをあたえてくれます。

 

いっしょに暮らすうちに、犬はなくてはならない、かけがえのない存在になるでしょう。

しかし家族の一員となるであろう犬の一生は、あまりにも短いのです。

 

いつの日か別れがくるのです。

必ずやってくる深い悲しみを覚悟をしなければなりません。

 

それでも犬をむかえるあなたへ。

 

犬にとっても、あなたはかけがえなない存在です。

深く深く、愛してあげてください。

 

そして、いっしょの時間を大切にしてください。

それはあなたの人生を豊かにする時間となるでしょう。