マダニ注意報!犬も飼い主さんも!!

マダニのついたネコに接触したことにより人間が死亡するという事件がありました。被害にあったのは西日本に住む女性。衰弱した野良猫を病院に連れて行こうとしてかみつかれ10日後に死亡したのです。

女性にはマダニにかまれた形跡がなかったことから、SFTSに(マダニが媒介する感染症)感染したネコから女性は感染したとみられています。

 

マダニとはどんな虫?

 

マダニとは蚊と同じように動物の血を食料とする虫です。蚊とちがうのはくさむらや山の中でずっと動物が近づくのを待っていて、動物が来た瞬間に足にしがみついたり、木から落ちてきたりしてくっつくことです。動物というのは当然、人間も含まれています。

 

そして居心地のいい場所を見つけると、口を差し込んでセメントを流し込みしっかりと寄生するのです。それから1~2週間、たっぷりと血を吸ったのち、セメントを溶かす物質を出して離れていきます。

 

マダニは血を吸うことで体が何倍にも膨らみ、ある日犬の頭などに黒いつぶのようなものがあるので見てみるとマダニであったということがわかるのです。血を吸うまでは2mm以下の大きさですので、なかなか気づきません。

 

 

上の写真が血を吸った後のマダニで5mmくらいの大きさになっています。マダニは人間や犬にとって危険な病原菌を持っているので山やくさむらに入る場合には必要以上に注意しなくてはなりません。

 

<ダニが媒介する感染症>

●日本紅斑熱

●Q熱

●ライム病

●回帰熱

●ダニ媒介性脳炎

●SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

 

とくにSFTSはこれまで報告されただけでも96人が感染して30人が死亡しています。2014年には厚生労働大臣が「草木の多い所に入る時は、肌をなるべく出さないように」と注意を呼びかけたのでした。

 

 

マダニにかまれていたときは

 

マダニに寄生されているのを発見したときに絶対してはいけない事は自分で取り除こうとしないことです。無理に取り除くとマダニの頭部だけが体内に残ってしまったり、感染のリスクが高まったりします。必ず皮膚科を受診してください。

 

犬の場合、獣医の受診ができないときは、マダニにワセリンかアルコール、酢または虫よけスプレーをつけて、マダニが勝手に抜けるのを待つようにしましょう。

 

ワセリンはマダニの呼吸を止めるために使用します。マダニをすっぽりと覆うように塗りつけてください。ワセリンがない場合にはハンドクリームなども同じ効果があるかも知れませんね。

 

マダニを予防する

 

マダニの恐怖はわたしたちのすぐそばにあるだけに、無視することはできません。犬から人へ、人から犬へ、その両方を予防する必要があります。マダニを予防する方法を見ていきましょう。

 

虫よけスプレーを

虫よけスプレーには殺虫剤が入っているので、犬の体にはよくありません。ましてや霧状で吸い込むことは避けてあげたいですね。天然の虫よけを散歩前に吹きつけておくことでマダニが体についてもすぐに離れていくでしょう。また犬の寝る場所やお気に入りのクッションマット、ソファなどにもあらかじめ虫よけスプレーをしておいてください。

天然の虫よけには「ニーム」というインドの天然の成分が使われているものや、ハーブやユーカリオイルの入ったアロマの香りがするものもあります。

 

 

     

 

散歩のあとのチェック

 

マダニは2mmととても小さいけれど肉眼で見つけることができます。お散歩から帰ってきたら犬の足元などにマダニがついていないかチェック、まだかみついていなければティッシュなどで取りのぞいてください。

ブラッシングをしたり、タオルで拭き取るのも予防効果が高いです。くさむらや茂みに入った時は特に念入りにチェックすることをおすすめします。

 

ダニ駆除薬の定期的使用

 

獣医さんで購入できるフロントラインは動物用医薬品として強力にマダニを駆除してくれます。首の後ろに薬液をたらすだけで、自然と薬効が全身にいきわたりますのでとても簡単です。

 

 

マダニ注意報!犬も飼い主さんも!!まとめ

 

以前、テレビで都会にどれくらいのダニがいるかの調査をしていました。シーツを垣根や木の幹などに広い範囲でつけてみて採取していくものです。公園の入り口、芝生の公園、川の土手などいくらでもダニは見つかったのです。

 

いつ犬の足元から這い上がってきてもおかしくないと感じました。うちの犬も一度山へバーベキューへ行ったときにマダニに寄生されました。バーベキューに出かけてから3日ほどたったころ耳の横にあずき大のダニがしっかりと食い込んでいたのです。

 

ダニは毛の間にかくれていて、よく触っていなければ見つけられなかったと思います。たまたま耳をなぜていて、手に不自然なものがあたったので気づいたのです。

 

それは慌てて獣医さんのもとへ連れていきました。獣医さんでもなかなか場所が見つけられなかったので、犬をおさえこんで探したものです。こわい思いをさせてしまったと反省しています。犬にとっても人にとっても危険なマダニです。犬がいつもより耳をかゆがったりしていたら耳の中を見てあげてください。早期発見が大事です。

 

 

こいぬすてっぷ

犬の去勢、避妊について、早くにした方がいいの?

犬の去勢、避妊のデメリット 避妊で防げる病気 ワクチンアレルギーなどについてここでは整理しています。

犬を飼ったら最初に飼い主さんが判断しなくてはならないのが、去勢と避妊の手術を受けさせるかどうかということです。「かわいい子犬に手術を受けさせるなんて、とてもかわいそう」そういう考え方を持つ人も多いです。ですが、去勢、避妊の手術を受けさせるメリットもたくさんあります。
(さらに…)

犬の健康診断 病気を早くに見つけてあげる

犬にも健康診断が必要です。飼い主さんが早くに見つけてあげることで、病気が重たくならずに済めばいいですね。言葉を話せない犬だからこそ、飼い主は日頃から犬をよく観察することが何よりも大事です。

犬の健康診断 日頃からすること

1.食欲があるか・食べ方はいつもと同じか

ほとんどの犬は食べることが大好きで、「食欲があるのはあたりまえ」という飼い主さんは多いと思います。だから食欲がなかったら驚いてしまいます。 (さらに…)

伊丹市のドッグカフェ 自家焙煎珈琲OWL

スカイテラスでお散歩

10月の暖かいお出かけ日和ということで、伊丹空港スカイパークへいくことに。

スカイパークは飛行機好きならワクワクするほど、飛行機が飛んだり降りたりするのを見られるところ。よくよく考えてみれば、滑走路の真横で「危険な場所」だけど、そんな危機感を持つ人はあまりいない。 (さらに…)

犬のための手作りレシピ ドッグカフェ風♪

犬のための手作りレシピ

犬にいろんな刺激を与えることで、認知症予防にもなるというのをご存知でしたか。食べ物もその一環と考えて、いろいろな犬のための手作りレシピをご用意しましたので、ぜひ参考にしてください。協力してくれたのは「ククちゃんのママ」です。 (さらに…)

犬を連れて西宮えびす

犬を連れて西宮えびすへ

人込みの中へ犬をつれていくというのは、けっしておすすめできない。

とくに出店があるときは、食べ物も落ちていて、油断すると拾い食いをさせてしまうことになる。たとえ油断してなくても、地面に近い犬の口に入る食べ物を取り上げることは無理だと思っていた方がいいのである。

 

だけど、だいじょうぶ。こんな時のために犬用のバギーを買ってあるのだから。 (さらに…)

犬を飼うのに必要な費用

犬を飼うのに必要な費用

犬にも人間と同じで養育費が必要となります。犬を飼う前には想像していなかったくらいに出費が発生しますので、予算として見積もっておくといいでしょう。予算をたてておくことで、よぶんな服やおやつを節約できます。

<犬を飼うのに必要な1年間の費用>

  • 小型犬・・・・・年間20万円~50万円
  • 中型犬・・・・・年間30万円~60万円
  • 大型犬・・・・・年間40万円~70万円

ドッグフードや予防接種、フィラリア薬などの基本的な支出で小型犬なら年間20万円は必要となります。これは健康な場合で病気やケガをすれば、医療費がかかってきます。

またトリミングが必要かどうかでも年間の費用はかわります。トイ・プードルでは月に5千円程シャンプー・トリミングにかけている場合が一般的ですし、柴犬のような犬種なら必要ありませんね。

その他、服代やしつけ教室なども出費となります。

 

犬を飼うのに必要な費用の内訳

  • ドッグフード:3,000円~10,000円/月

ドッグフードはできれば節約したくないもの。安いには安い理由があって材料に信頼がおけません。また本来、犬に必要だというたんぱく質よりも炭水化物が多い場合があります。最初に不適切なドッグフードを与えてしまうと、アレルギーを引き起こしてしまい、一生、高額な医療費がかかるということもありますので注意してください。

 

また、まれにドッグフードを食べないという犬がいます。その場合は、手作りで肉や魚を調理してやらなければなりませんので、食費がかかります。

  • おやつ:500円~1,000円/月

おやつはおしっこがシートの上にうまくできた時などすぐに与えてあげたいですね。ごほうびとして、おやつがあれば犬といいコミュニケーションがとれます。おやつもドッグフードと同じで質の悪い物はやらないようにしてください。

国産の塩分の少ないものを選んであげましょう。

  • ペットシーツ:300円~1,000円/月

ペットシーツは価格が高くなるごとに吸水性にすぐれ、消臭効果が高いようです。お留守番の時は吸水性の高いものを使用し、飼い主がこまめにシーツを変えてあげられるときは安いものを利用するなど使い分けるのも方法です。

  • その他消耗品:3,000円~10,000円/月

・リード・カラー

・タオル

・ウェットティッシュ(足ふき用・耳掃除)

・うんち袋

・おもちゃ

・ブラシ

・消臭剤

・シャンプー

  • 予防接種(ワクチン・狂犬病):8,000円~12,000/年

 

  • フィラリア薬:3,000円~10,000円/年

 

  • トリミング代:4,000~10,000/回

 

  • 医療保険:12,000円~100,000円/年

犬の保険はアニコム、アイペットが有名ですが、最近ではアクサダイレクトやau損保などからもさまざまな商品がでています。ネットで比較も出来ますのでじっくりと選びましょう。

また犬の保険は年齢とともに掛け金が高くなっていきます。10才では年額8万円ほどになるものもあります。そのため保険に入らずに積み立てにしておく方がお得だという場合もあります。

  • 傷害保険:500円~1,000/年

医療保険は積み立てにしたとしても、傷害保険には入っておいた方がいいでしょう。例えばクルマの保険などに追加することができるものなど掛金が安いので、今、加入されている自動車保険を調べてみてください。また火災保険でもあるようです。

犬の傷害保険が必要だと思われるのは、犬が吠えたことによっておばあさんが驚いた拍子にこけて大腿骨を骨折したような事例で300万円の支払いが命じられるなど、飼い主の責任が重くなってきているからです。また攻撃性のない犬でもこわがって子供にかみつくといったことがじゅうぶんに考えられます。

  • 電気代:2,000円~10,000円

電気代がかかるとは買う前には想像できない方が多いと思いますが、夏場に部屋で留守番をさせる時などエアコンを使用する飼い主が増えています。また暑い国の犬であるチワワなどは電気毛布が必要な場合もあります。

犬を飼うのに必要な費用 医療費

日本中医師会の調査では小型犬の場合、入院費は1日3千円が平均ということですが、動物病院によって価格差がけっこうあるようです。犬を飼ったら最初に去勢手術、避妊手術をすることが多いですので、その手術代を目安にかかりつけ獣医をきめるのがいいでしょう。

去勢手術、避妊手術は2万円~5万円です。何人も獣医師を抱えているような動物病院は手術代が高めに設定されていることが多いかもしれません。

去勢手術、避妊手術については、繁殖を予定しないのであればできるだけ受けさせてください。手術をしていない犬のガンの発生率が想像以上に高いからです。それから去勢をしていないオスはメスのニオイを求めて脱走する危険性があります。交通事故などにあわせないためにも手術はしてあげたほうがいいでしょう。

 

犬は若いうちは誤飲、胃腸の不調が多く病院に連れていくことが頻繁にあるかも知れません。年を取れば内臓の病気や歯石を取るため麻酔をかけて手術することになります。犬の生涯でかかる医療費は少なくても100万円はみておかなくてはなりません。

モルティッシュ

モルティッシュはカフェ&ダイニングバー

神戸市長田区にあるモルティッシュは数少ない「大型犬」OKのお店。店内にも大型犬がいて、まったりとお昼寝している。犬はまったく気遣うことなく連れていくことができ、しかもダイニングバーとして充実しているので人間にとってもいい店だと感じられる。 (さらに…)